モサ日記

モサ日記

毎日更新

台湾・台北3泊4日旅行記(前編)

2016年の12月、3泊4日で台湾に旅行に行ってきた。

私にとって初めての海外一人旅である。

 

 

 一日目

 

f:id:kuwaharaan:20171021113515j:image

ホテル近辺。適度なドブ臭さが漂い、東南アジア感を感じる。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021113553j:image

さっそくホテルから歩いて行ける夜市に行ってみた。台湾と言えば夜市、夜市といえば台湾……しかし台湾初心者の私は何を買ったらいいのかわからず、仕方なくフランクフルトとコンビニでビールを買って飲み歩いた。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021113700j:image

台湾のフランクフルトは脂っこくて甘い感じの味付けである。ビールに合う。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021113742j:image 

その後近場にある地球の歩き方に乗っていた餃子の店に行ってみた。ものすごい量だがこれで一人前である。(「半分にしてくれ」と交渉してみたが「無理」と一蹴された)

さすがにこの量は食べきれず半分残した。余ったぶん持って帰りますか?と日本語で店員に言われたが、持って帰っても多分食えないのでいいですと断ったら、即座にパックに詰めて袋に入れて渡してくれた。いいですをYESと捉えられたようだ。仕方ないので持って帰ってホテルでチビチビ食べた。

 

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021113816j:image

飯を食った後、適当に歩いてたら花博公園というところに行き当たったので行ってみた。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021113840j:image 

なかなかシャレオツなフードコートであったが、その中に臭豆腐の店が一軒ありそれだけで周囲は地獄のような臭いになっていた。

 

 

 

二日目

 

f:id:kuwaharaan:20171021113937j:image   

朝ご飯は適当な食堂でチャーハン。キャベツが入っていておいしい。

 

 

 

今日は高速鉄道に乗って猫の街として名高いホウトンに行くことにした。私は猫が大好きで、猫を触りたいという欲求をくすぶらせながら日々を過ごしているのである。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171023182124j:image

猫の街ホウトンの看板。いやがおうにも期待は高まる。

 

 

しかし、あいにくの雨…

雨どころか大雨といってもいいほどの土砂降りである。こんな日に猫がいるのか…?行っても意味ないのでは…?という疑念をずっと感じていたが、

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171021114020j:image

猫!

 

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171023182031j:image

猫〜〜〜〜!!

 

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171023182212j:image

猫猫猫〜〜〜〜〜!!

 

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171023182305j:image

猫・・・・

 

 

と、猫グッズ屋さんがたくさんありその店内に猫がたくさんいたのでとてもよかった。晴れてたらもっと猫と触れ合えたであろう。そう考えると全くよくない。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171104115633j:image

続いて十份(シーフェン)というところにやってきた。雨なのに人がすごい。線路に入っても怒られないしネットで炎上もしない最高の場所である。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171104115703j:image

巨大なランタンに願い事を書いて飛ばすのがここの有名アクティビティーらしく、すごい頻度でランタンが飛ばされていた。見ているだけで楽しい。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171104115823j:image

このランタンが

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171104115924j:image

飛んでいく様を見ているだけで楽しいのだ。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171104120003j:image

 たまに失敗して派手に燃え尽きるのも最高だ。

 

 

 

写真が多くなってきたので前半はこの辺で終わりたいと思う。

いよいよこの後、台湾一有名な観光地九份に向かうのであったが……!?

 

 

 

得意料理の話

今週のお題「得意料理」

 

 

「得意料理」ときましたか。

 

私もいい加減一人暮らし歴が長いので、得意料理の一つや二つは勿論あるんですよね。

というわけで私の得意料理を紹介したいと思います。

 

 

1.小松菜とツナのポン酢炒め

 

①小松菜を適当に切って油で炒める。

②適当なところでツナを適量投入する。

③ポン酢をドバっといれてまた炒めて完成。

 

ポン酢ってかけるだけじゃなくて炒め物の時使っていいんだということが分かってから世界がめちゃ広くなりました。小松菜じゃなくてチンゲン菜でもOKです。小松菜とチンゲン菜の違いが私にはよく分かりません。

 

 

 

2.チーズトマトトースト

 

①トーストの上にスライスしたトマトとスライスチーズをのせる。

②オーブンで焼く。

③ブラックペッパーとマヨネーズをかけて完成。

 

朝は大体これを食べておけばOKです。野菜をちゃんと摂取しているという善行感で気持ちよく外出できます。マヨネーズはかけすぎるほどかけると良いです。

 

 

 

3.ロコモコのような丼

 

①目玉焼きを焼く。

②キャベツを千切りにする。

③鶏ミンチまたは豚ミンチを焼肉のタレで炒める。

④これら全てを丼の上に乗せ、マヨネーズを盛大にかけて完成。

 

これまたうまいやつです。ハンバーグなんてクソ面倒なものはとても作ってられねーと思いますがミンチ肉はそのまま焼肉のタレで炒めるだけで死ぬほどうまいんです。更に面倒だったら目玉焼きもキャベツも無しで炒めたミンチだけご飯にかけて食べても普通にうまいです。

 

 

4.鳥ガーリックステーキ

 

①鶏肉を焼く。

②おろしにんにくを盛大にぶっかけてさらに焼く。

③塩コショウを振って食べる。

 

説明不要のうまさです。

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

AMERICA-JIN 3rdフルアルバム「メリケンサックにご用心」全曲レビュー

関西発エキゾダスロックバンド「AMERICA-JIN」の3rdフルアルバム「メリケンサックにご用心」の全曲レビューを行います。

 

 

 

2ndアルバム「メリケン大革命」の全曲レビューはこちらから。

ikigaicrusher.hateblo.jp

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171105104225j:plain

メリケンサックにご用心/AMERICA-JIN

ライブ会場限定販売。税込み2ドル

 

1.恋はTake it Easy さもなくば死

2.夜な夜なテレフォン

3.邦ロック三国志〜蒼天既死~

4.さよならKANEYAN

5.チリチリソースにエビフリャー

6.俺が代

7.チェゲバラによろしく

8.中学の時好きだったあの娘は二児の母

9.タルタルソースにカキフリャー

10. コンピューターババアの死

11. オクラホマの亡霊

 

 

 

 

1.恋はTake it Easy さもなくば死 

ボーカルのTAKU-ZOWが最近経験した失恋について書かれた曲らしいが、歌詞がとにかく支離滅裂で怪文書と言っても差し支えない代物であるため、失恋の詳しい内容については聴いても全くわからない。

今作「メリケンサックにご用心」は前作までの陽気で頭空っぽな音楽性とはうってかわって真冬の曇り空のごとき陰鬱な作風になっているが、それを象徴するような一曲。

 

 

 

2.夜な夜なテレフォン

「0、8、0、4……」と、メンバー4人の携帯の電話番号をサンバのリズムに乗せて繰り返し歌い上げる奇怪な曲。最後のサビではプロデューサーの山じいの家の電話番号も歌い上げられる。一体何がしたいのか最も分からない一曲。

 

 

 

3.邦ロック三国志〜蒼天既死〜

2010年代邦楽ロックシーンを風靡したビッグバンド「ゲスの極み乙女」がスキャンダルに倒れ、音楽業界は乱世に突入。その中で頭角を表す3つの新人バンド、「AMERICA-JIN」「山口則夫バンド」「O-G-BEEF」。この3大実力派バンドが来たる2020年代の邦楽ロックシーンにおいて覇権を争うこととなる……という邦ロック史観を歌った壮大な曲。山口則夫バンドとO-G-BEEFはAMERICA-JINのメンバー達の知り合いのバンドで、両者ともワンオクロックのコピーバンドとして地元の音楽スタジオで月1で活動中である。   

 

 

 

4.さよならKANEYAN

バンドを辞めて田舎に帰って実家の駄菓子屋を継ぐと突然言い出したベースのKANEYANに捧げるため、ボーカルのTAKU-ZOWが10分で書き上げた曲。KANEYANはAMERICA-JINの中でも今ひとつ打ち解けておらず、打ち上げに一人だけ呼ばれないこともしばしばあったため、この曲の歌詞も非常に薄っぺらく別れを惜しむ気持ちは微塵も感じられない。KANEYANの脱退により、このアルバムのベースは全て新メンバーの村野照久(58歳)が弾いている。

 

 

 

5.チリチリソースにエビフリャー

これまでライブの定番曲であった「パリパリパーリパーティーナイツ」に代わるAMERICA-JINの新キラーチューン。とはいえ別に盛り上がるわけでもなく、メンバーにとって演奏が簡単であるという理由のみをもってライブでよく演奏される。一回のライブで3回この曲が演奏されることもある。

 

 

 

6.俺が代

ギターのBAKUDANが12分に渡ってひたすらギターソロのようなものを弾いているだけのインスト曲。BAKUDANは音階というものを理解していないため不協和音がすごい。また録音環境も悪いせいか生活音や工事現場の騒音も一緒に録音されており聴いていてとにかく不快。

 

 

 

7.チェゲバラによろしく

チェゲバラへの想いを歌った曲。ドラムのYO-YO-MAの奏でるビブラスラップの音色が聴く者をなぜか強烈な眠気へといざない、とても最後まで聴いていられない一曲。

 

 

 

8.中学の時好きだったあの娘は二児の母

タイトル通りのバラード曲。この曲に出てくるTAKU-ZOWが中学の時好きだった女性・直子は現在二児の母であり、かつネットワークビジネスで荒稼ぎしており今やその年収は四千万円。AMERICA-JINのメンバーの平均年収の約350倍である。

 

 

 

9.タルタルソースにカキフリャー

「チリチリソースにエビフリャー」と曲名が酷似しているが、中身は全くの別物。チリチリソース~が箸にも棒にもかからない駄曲だとするならば、こちらはAMERICA-JIN史上最高傑作と近所のホームレスからの呼び声も高い珠玉の一曲。歌詞は抽象的で難解だが、どうやら応仁の乱について歌った反戦ソングであるらしい。TAKU-ZOWはこの曲を作った時のことを全く覚えておらず、気味が悪いのでライブでは一切歌われない。

 

 

 

10.コンピューターババアの死

 コンピューターババアの死を悼む曲。チープな電子サウンドに乗せて17分もの間お経のようなリズムでひたすらババアへの別れのメッセージが紡がれる。コンピューターババアとは誰なのかメンバーの誰も知らない。

 

 

 

11.オクラホマの亡霊

本作のラストを飾るロック・バラード。TAKU-ZOW曰く「三十五年に一度の名曲」。語るのも野暮な一曲なので歌詞を丸々引用したい。

 

 

 

オクラホマの亡霊

作詞 TAKU-ZOW

作曲 吉田

編曲 山じい

 

オクラホマの亡霊を知ってるかい

アメリカはオクラホマ州

さびれたモーテルに夜な夜な現れる亡霊さ

 

それよりも僕は年金もらえるのかい

結婚できるのかい

 

オクラホマの亡霊は

この世に深い未練を残している

 

それが何なのか

オバマでもトランプでもわからないさ

 

それよりも世界はまともなのかい

僕はどうなんだい

 

オクラホマの亡霊は

誰にも見ることができないんだ

 

だからHoney 

君はまだ死なないでよ

 

僕はこれから

どう生きるべきか

教えてよ 宮﨑駿

 

 

 

 

 

 

マレーシア2泊4日旅行記

 2016年の8月に2泊4日、30代独身男性3人でマレーシアに旅行に行ってきた時のことを書きます。

 

 

8月6日(土)

 

メガネとコンタクトレンズのケースを持ってくるの忘れるという幸先の悪さで旅が始まった。

今回の旅はLCCなので機内サービスが無いのだが、空港の受付のところがめちゃくちゃ混んでて水も食べ物も何も買えなかった。

仕方なく機内で別途料金を払い、水とご飯が青色に着色された機内食を食べる。おいしくはなかった。LCCなので座席も狭く6時間強のフライトはかなりしんどかった。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171007074225j:image

 

しかしマレーシアはクアラルンプールに到着するとテンションは一変~~~~~!!東南アジアの熱気に我がテンションも最高潮なのであった~~~~~~~~~!!

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072614j:image

 

出店がたくさん立ち並ぶ大通りのオープン席の店で夕飯を食べた。ナシゴレンと言う名のチャーハンをモリモリ食べた。どこを歩いてもドリアン臭いクアラルンプールの空気…最高……

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072643j:image

 

その後は適当なバーでダラダラ酒を飲んで過ごした。繁華街も危なげな感じは全くなく、ゆるい雰囲気の街であった。これなら私が住む大阪の街のほうがよっぽど危なげである。

 

ほろ酔い気分でホテルに戻り、気持ちよく眠りにつこうとベッドに伏せたその時、同行者のYが「パスポートが無い!!!!落とした!!!!」と大声で狼狽しだした。そういえばさっき夜の街を歩いている時、Yのリュックのチャックが全開でパッカリ開いていたことが気になってはいたが、まさかパスポートを落とすだなんて……しかし彼は以前北京に行った際にも財布を落としたことがあったのでさもありなんとも言える。

Yはさっき飲んでいた店にもう一度タクシーで向かったが結局パスポートは見つからなかった。私はYの身を案じつつも、眠たすぎるので一人で先に寝た。

 

 

8月7日(日)

 

結局Yのパスポートは見つからなかったが、気を取り直して今日は世界遺産の街マラッカに向かった。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171006072620j:image

いい感じの教会などがある海沿いの街である。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072748j:image

おしゃれな建物がたくさんある。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072829j:image

とりあえず船に乗って川下りをした。東南アジアに旅行に行ったらとりあえず川下りをしておけばオーケーなのである。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072913j:image

その後いい感じのカフェで昼食と夕食の間みたいな食事をとった。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005072939j:image

ナシゴレンである。マレーシアといえばナシゴレンナシゴレンという名のチャーハンさえ食べておけば万事うまくいくのだ。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005073016j:image  

クアラルンプールに戻り、まだ適当に酒を飲んで過ごした。夜のペトロナスツインタワービルはかっこいい。

 

 

8月8日(月)

 

朝一で近郊の警察署に向かう。このままではYは日本に帰れないので仮パスポート発行の諸々の手続きをしなければならないのだ。こっちの警察は全員いかつい銃火器を背負っていて大変こわい。  

 

警察署までは一緒に着いていったが、この後もYは諸々の手続きで大使館などに行かなければならないので別行動を取ることにした。Yを一人警察署に残し、私ともう一人の同行者Nは二人で当初の予定であったバツー洞窟というスポットに行くことにした。(Nはかなりの変人なので二人きりで行動するのは少し気が重かった)

 

  

f:id:kuwaharaan:20171005073059j:image

クアラルンプールの電車?モノレール?は内側に座席がついていてなんとなくかっこいい。

 

 

タクシーをつかまえてバツー洞窟に行きたいと言うと、「チョコレートファクトリーとバツー遺跡セットで案内してやるぜ!」と言われ、バツー遺跡だけでいいと言ってもしつこく食い下がってくるのでまずチョコレートファクトリーまで乗せていってもらうことになった。チョコレートファクトリーって何?

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005073138j:image

チョコレートファクトリーに到着。工場と言うよりただのチョコレート直売所だった。一箱千円ぐらいするので結構高い。試食してみた感じ、日本の普通の板チョコのうまさを「1」、明治THEチョコレートのうまさを「3」とすると、「1.3」ぐらいのうまさだった。仕方ないので二箱ほどお土産に買った。

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20171015201903j:image

バツー洞窟に到着。でかい黄金の大仏が目印。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171005073241j:image

中は広々としていてなかなか良かった。野生の猿がたくさんいて怖かった。

 

洞窟から帰ってきてご飯を食べたりマッサージをしてもらったりしていたらもう夕方になり、そこでようやくYと合流した。どうやら仮パスポート?のようなものを発行してもらい、それで日本に帰れるらしい。「マレーシアの警察はとにかくやる気がなく、面倒臭そうな感じがすごかった」とのことだった。

 

そして夜まで適当に過ごしてまたLCCの狭い座席を6時間我慢しつつ日本に帰国した。一応機内泊に当たると思うが全く眠れなかった。

 

 

今回の旅を総括すると…

マレーシア最高〜〜〜〜!!!!

 

 

 

大バズり記念!「モサ日記」読者ランキングベスト10発表

ヌワハラです。

 

当ブログ「モサ日記」を読んで頂き誠にありがとうございます。

読者の皆様のおかげで、この「モサ日記」、ついに……

 

 

累計アクセス数200突破!!

バズり放題で一躍人気ブログへのスターダムを駆け上らさせていただきましたァ~~~~~~~~ン!!

 

 

いや~本当にありがとうございます。

ひとえにこれも読者の皆様のおかげ。

 

そこで今回は、いつもモサ日記を愛読してくれているブログ読者をランキング形式にしてベスト10を発表させて頂きたいと思います。

 

実際どんな人が読んでるか分かったもんじゃないので、全て想像で書きます。

 

 

 

10位  田野 勇作(45歳・タクシードライバー

 

東京都在住。3年前に勤めていた会社を自主退職、それがきっかけで妻と離縁してからは一人タクシードライバーとして生計を立てている。仕事終わりの午前5時、レインボーブリッジにのぼる朝焼けに照らさらながら缶コーヒーをチビチビ飲みつつこのブログの更新を確認するのが何よりの楽しみ。好きな記事は特に無い。

 

 

 

9位  近藤 ゆう太(28歳・フリーター)

 

神奈川県在住。幼い頃から漫画家を志すもすぐに挫折、ミュージシャン、声優、youtuberと矢継ぎ早に様々なものを志すも全て挫折。失意のどん底で自殺すら考えていたところでこのブログと出会い、人間は生きてるだけで素晴らしいということに気づかされる。好きな記事は特に無い。

 

 

 

8位    ダニエル(35歳・無職)

 

国籍不明の外国人。日本語が分からないため、モサ日記を読んでも何が書いてあるのかさっぱり分からないが、それでも毎日欠かさずこのブログをチェックし続けている。理由は分からない。好きな記事は特に無い。

 

 

 

7位   ワジネル(46歳・無職)

 

国籍不明の外国人。ダニエルと違って日本語が読める。好きな小説は君の膵臓を食べたい。好きなミュージシャンは愛内里菜。このブログは月1ぐらいでチェックしている。好きな記事は特に無い。 

 

 

 

6位  野良川  太郎(56歳・パチプロ)

 

みなし子として育ち、40年前からパチンコで生計を立てて暮らしている。パチンコをしながらこのブログを流し読みしている。生き別れの兄が一人いる。生まれつき感情が全く無く、このブログを読んでも何一つ心が動くことは無い。しかしパチンコで負けた時は顔を真赤にして大声でわめきちらす。

 

 

 

5位 竹久 夢男(99歳・無職)

 

秩父山地の奥深くに住む伝説の老人。機械類には疎く、ブログなど一切読んだことが無い。もちろんこのブログも読んだことは無い。

 

 

 

4位 ぼうや(8歳・無職)

 

ぼうやと呼ばれる謎の少年。逢魔が時に現れる。ぼうやは真っ赤な赤白帽を被り、薄汚れたタンクトップに半ズボンを履いている。ぼうやに会ってしまったら決して目をそらしてはいけない。(目をそらすと両の目をくり抜かれる)決して目をそらすこと無く、「あっ、もうこんな時間だ」とわざとらしくつぶやくとぼうやは家に帰るので安心だ。

 

 

 

3位 マーク・ザッカーバーグ(33歳・実業家)

 

世界的SNSであるフェイスブックを作った人。当ブログモサ日記にインスピレーションを得てフェイスブックを閃いたという噂があるが、どう考えてもフェイスブックの方が先なので根も葉もないデマである。

 

 

 

2位   もりを(36歳・詩人)

 

相田みつをに影響を受けて詩人になった人。なかなかいい感じの詩を作ると一部界隈で評判。

 

 

 

1位 毒清水 健五郎(23歳・無職)

 

当ブログ「モサ日記」の管理人ヌワハラの狂気的な大ファン。普段は自宅の部屋から一歩も外に出ることはなくPCのディスプレイの前に張り付いて一日中このブログを眺めている。既に管理人ヌワハラの住所をはじめとした個人情報をすべて特定している。管理人のヌワハラが死ぬことによって初めて「モサ日記」は完成するというイカれた思想を持ち、近いうち計画を実行に移すためアマゾンで包丁を購入した。

北京2泊3日旅行記

2015年の10月に2泊3日で北京に行ってきた時のことを書きます。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001144623j:image

機内食は可もなく不可もなくな味でした。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001144724j:image

北京空港はこんな感じでした。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001144818j:image

北京の街並みはこんな感じでした。中国に来たのは初めてだったのでいやがおうにもテンションが上がります。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001144941j:image

お腹が減っていたのでコンビニで焼き鳥を買って食べました。普通においしかった。あと変な梅のジュースがやたらおいしかったです。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001145055j:image

同行者の友達は変なバニラ味のジュースを買っていて、こちらは死ぬほどまずかったです。日頃の行いの差が出ました。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001145200j:image

ひとまず天安門広場に行きました。この中の紫禁城はちょうど閉館の時間で入れませんでした。悲しい。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171001145312j:image

天安門広場から帰ってきたらもう夜だったので夕飯を食べるため適当な店に入り、よく分からないエビの辛い料理を食べました。うまいけどエビばっかり20匹ぐらい食べてたらさすがに嫌気がさしてきた。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003073619j:image 

エビだけでは物足りないので二軒目に。巨大な羊肉にテンションが上がりましたが、調子に乗ってチャーハンなども頼んだら腹がはち切れそうになりました。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003072421j:image

お腹いっぱいになったのでホテルに戻りました。ホテル付近の路地がなかなかいい感じでした。

 

 

二日目は万里の長城に行きました。一緒に行った友達が「現地のバスツアーに参加するのが俺の趣味」と言い張るので、やや不安がありましたが現地のバスツアーで万里の長城に行きました。乗客は私達以外全員中国人でした。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003072526j:image

3時間ぐらいバスに乗って万里の長城についたぞ〜〜〜!やった〜〜〜!

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003073639j:image

万里の長城をバックにせいいっぱい中国っぽいポーズを取る私。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003072831j:image

万里の長城の階段、勾配が急で足を滑らせたら死ぬ…?と思いました。

 

 

その後、現地のバスツアーは北京市街に戻ると思いきやどんどん山奥に進んでいって、途中謎の宝石屋みたいなところにバス停められて1時間半ぐらい車内で待たされるというハプニングもありましたが、夜にはなんとか北京市街に帰ってこれました。

 

 

f:id:kuwaharaan:20171003072928j:image 

二日目の夜はサンリートンというバーがたくさんある通りで、ポールダンスを見たりして過ごしました。

   

 

f:id:kuwaharaan:20171005073550j:image

 三日目は百貨店をぶらぶらして適当に時間を潰しました。吉野家で牛丼を食べたが日本のとほぼ同じ味だった。

 

 

そして駅に向かい、空港に直結している電車に乗ろうと改札をくぐったところ、友達が改札を前にして「財布がない〜〜〜!!落としてしもたんや〜〜〜!!もうおしまいや〜〜〜!!」と叫び膝から崩れ落ちていました。どうしたものかと思いましたが、結局財布はさっきの吉野家に置き忘れていて、店員がとっておいてくれていたので事なきを得ました。

 

そんな感じの旅行でした。 

はてなブログ書く時重すぎ問題

はてなブログ書く時なんでこんないつも重いねん

 

「記事を書く」を押しても開くまでめっちゃ時間かかるから、ブログを書く気が削がれるんじゃ~~~~~~~~~~~い!!!

 

ただでさえ無い「ブログを書く気」が~~~~~~~!!!!

 

食欲・性欲・睡眠欲が100とすると、0.001ぐらいしかないブログを書きたい欲が、

はてなブログが重すぎて雲散霧消~~~~~~~~!!!!雲散霧消~~~~~~~~~~~!!!

 

 

そこから学んだことは、何かを成し遂げたい時、それをやりやすい環境を作ることの大切さです。

 

もしブログを毎日書き続けたいのなら、ブログを開設するより先に、脳内の思考を文字に変換して0.1秒でwebに転送できるデバイスを開発するべきだ。

 

さもなくば…死だ…